メインイメージ

ホームページ制作とタグ

ホームページ制作の際に用いるタグとは

ホームページ制作の際に用いられるタグとは、通常HTMLのタグのことを指します。HTMLはマークアップ言語の1つで、マークアップ、つまり文章や文言にタグという形でマークをつけ、その文書の構造を示します。タグとはすなわち、マークのようなイメージでもあります。

これにより、そのタグで挟まれた部分が、タグに対応する役割、すなわち例えば段落や、見出しといったものであると示すことができます。

なお、これらはただテキスト内で意味を示すだけではなく、ホームページ制作を行った後、Webサイトとして表示するときは、CSSなどを用いてフォント・背景などの装飾をする目印にもなります。

なお、それを含めて、この文章にはこの装飾を、という作業を行いたい時のためのタグも存在します。
さて、実際にホームページ制作を行う時、このタグを入力補助のついているソフトや、レイアウトを目で見て確認できるようにしながら構成していくソフトを用いて、このタグを含む文書を記述してそれをアップロードする、といった手法を取ることもありますが、場合によってはHTMLタグを含む文書を作り出し、クライアントのブラウザに返すようなスクリプトを記述してホームページ制作を行うこともあります。

これを簡便に行えるようにするスクリプトの一種として、CGIがあげられます。掲示板のようなシステムにおいて、実質そのようにしてWebサイトを表示させているのです。

さて、このスクリプトを使う手法の特徴としては、通常、スクリプトはHTMLのデータを返すだけなので、スクリプトが通常では覗かれないということです。また、スクリプトですので、いちいち更新情報をHTMLファイルに記述して更新する、という手法ではいられない、SNSのようなサイトにも向いています。

これらのホームページ制作における手法は一般的に、プログラミングの素養がいる後者のほうが難しくなります。
ただ、CMSなどの、スクリプトに工夫をこらすことで、例えば通常のWebブラウザで更新可能な、簡易なシステムにしておくことも可能です。

ただ、サーバでスクリプトを実行する場合が多いので、そういったことが許されているサーバを利用する環境でなくてはそもそも実行できないため、そのためのコストは考慮する必要があります。ホームページ制作の会社に聞いたりするのが一番分かりやすいかもしれません。

また、このために、ちょっとしたサーバの仕組みなどは頭に入れておくといったことをしておいたほうが、トラブルを減らすことの出来る可能性が大きくなるでしょう。